救助器材

救助器材

【近夏発売予定】2022GUARDレスキューボード

カタログ番号:A-173 現役ライフセーバーが監修し、よりスピーディな救助と操作性に特化したレスキューボード

2022GUARDレスキューボードは弊社の現役ライフセーバーが試行錯誤し、要救助者の元へいち早く駆け付ける事を追求したボードです。
レスキューボードの安定性はそのままに、ライフセーバーが競技で使用するマリブボードに近い形状ですので、普段のトレーニングの成果をそのまま活かすことができます。

器材の特長

シャープな形状でスピード重視

ボードの全幅を細めにしつつも必要な部分に
厚みを持たせることで、マリブボードに近い形状に仕上げました。
推進力が増し、より早く溺水者までたどりつけるようなシェイプにしました。

浮力を確保するためのボトム

ボトム部分のシェイプを水面との接地面を広げる形にして浮力を確保しています。
その為、従来のボードより水面から浮いている感覚を得られます。

波・スープを越えやすいノーズ

ノーズをシャープな形状にしながら、ボリュームを持たせ波・スープをスムーズに越えられるようにしました。
風波などのうねりをしっかりと捉え速度も出やすくなっています。

誰にでも漕ぎやすいデッキ幅

デッキ部分にもボリュームを持たせることでパドル時のデッキへの浸水を防ぎます。
デッキ幅を細くしたことで腕を入水させやすくし、小柄な方や・女性でも漕ぎやすくなりました。

コントロール性を向上させたテール

テールの形状を角ばった形に仕上げる事で
波に乗った際の艇のコントロールを容易にしました。

軽量で強靭な強度を持つ竹を素材に採用

バンブーレイヤーの採用で高強度ながら軽量なボードを実現しています。
EPSフォームにはプラスチックを再利用した再生ポリスチレンを採用しており環境に配慮したボードとなっております

器材のサイズ

全長 3.2m
全幅 56cm
厚さ 16cm
重量 10.6kg(本体のみ)
素材 エポキシ樹脂
カラー

構成:構成:◯本体(レスキューボード) ◯フィン ◯取付用ボルト・ナット

希望小売価格

231,000円(税込)

器材の実用例

ご注意

救助器材

防水ケース・バッグ

株式会社櫻井興業 営業部
〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂1-2-17  シエロ湘南


Copyright (C) GUARD Inc. Corpration All Right Reserved


TOPへ